[Jean Baptista]パター


海外メーカーに国内の販売シェアを奪われ始めてから、すでに10年以上が経過し、さらに加速しています。その理由は、海外メーカーはデザインの洗練度が高く、圧倒的にテスト量が多いからだと言われていますが、Jean-Baptiste社では海外メーカーに負けないデザインはもちろん、現場での膨大なテストプログラムもこなしています。そして、最善の製品を作るために、何度も形状変更や修正を加え、そうして作り出した製品を可能な限り長期に販売していきます。
富山カムイワークス社に依頼。ボディなどの鋳造及び鍛造や、ヘッドのCNC研磨などは中国の提携工場で行い、一部溶接、仕上げ研磨、塗装などは日本国内での施工になります。Made in Japanとなります。
 
2013年にJean-Baptisteが生まれ、ゴルフに情熱を燃やす“プログレッシブゴルファー”たちから、圧倒的な支持を得ました。ブランド発足時から、ツアー出場のプロから使用の依頼があり、設計家・デザイナーであり、プロフィッターでもある五十嵐隆昌氏が、複数のツアープロのフィッティングを担当。宝飾品レベルで緻密にゴルフヘッドを創り上げ、さらに革新の「NANOFLATFACE」を世に送り出すなど、徹底的にヒューマンテストでこだわりのアイテムを生み出しています。
2015年には鈴木賢一プロがドラコン競技でメジャー含む6勝をマーク。さらに、ツアー参戦の岡村咲プロをサポート。
2018年からは、クラブ契約フリーの藤田さいきプロがJean-BaptisteとJean-Carlo(FW&UT)をチョイス。
五十嵐隆昌氏と“フィッター契約”を結び、現在は14本すべてのクラブのフィッティングを任せている。
 

全3件